確実に英気を養ってはいるが、歯の神経が死んでいた話

上半期の自分の行動を一覧にしてみると、「今年1年いろいろあったねー」レベルの内容なので、そりゃ疲れるわ。ということを改めて感じていた。約一か月、とにかく精神安静優先で過ごした甲斐あって、確実に英気は養われてきております。

ほら、10月から東宝には神々が降臨するし(宙組)、青年会館にははいからさんが通っちゃうし(花組)。そうこうしていたら次はベルリンの地が広がり(星組)、気づいたら天使の歌声が六本木に響いて(咲妃みゆクリスマスディナーショー開催めでたい!)今年も終わるわけですから、英気を養わないわけにはいかないのです。


先日、定期歯科健診へ行きました。
胃や腸などが強めな反面、口がめっぽう弱く3か月毎の受診です。ここ1か月内でスキンケアや化粧をするときに口寄りの頬が押されると痛みがあるなという自覚はあったのです。
でも歯は痛くないし、歯茎も腫れているわけではないし、なんだろうこれはと怪しんでいたら、結論1本の歯の神経が死んでいました。


神経って、勝手に、死ぬの…?


神経とのお別れって、発見された虫歯が思いのほかひどくて、これは神経取らないと治療できないといわれて、麻酔をかけれらてるのに痛いし施術は苦しいしで、号泣しながらお別れするものじゃなかった?(本人経験談

先生の話をきいたところ、矯正治療を完全に終えて数年後にこのような症状が現れることがあるそうです。しかも最近妙に増えていると。私の前日にも同じ症状の方を診たばかり。神経が死んだことにより根本が炎症をおこしていることで、外から圧がかかると痛みがでているそうな。

膿んだり腫れたりと症状がひどくなる前にわかって良かったのだ、と思おう。もう死んでるから反対の神経取ったときより治療は大変じゃないよ!というフォローの励ましを先生から受けつつ、定期健診は終わったのでした。
供養(治療)は10月予定です。

体調不良の一週間

でも実際は一週間ではなくて、この上半期、とくに直近2か月くらいのもろもろが不調になったのでしょう。でもどれも大事なことだったし、がんばった結果は多いにあるけれど、自分の疲れを無視してはいけない。とくに私はたまにやりがち。
お世話になってる方にご迷惑をおかけしたのでこれは本格的にダメだと、その後の予定は全部変更し、とにかく療養。そしてようやくいつもの日常をおくれるようになってきました。ごはんを美味しく食べれることは幸せだ。

広告を非表示にする

PICNIC. vol.0 『これってアリ?ナシ?観劇マナー』

f:id:yuitsumugi:20170803055315j:plain


そこにいるのは限られた時間だからこそ、快適な空間であってほしい。

ハード面(身体)を支えてくれる縁の下の力持ちコトブキシーティングさんのショールームで、ソフト面(観劇マナー)についてのトークショーが行われました。

出演者は演劇ライター&ラジオDJの上村由紀子さん(yukkoさん)と、夜明けの劇場 Theatre at Dawn 代表の平野美奈さんです。


f:id:yuitsumugi:20170803055403j:plain


1914年(大正3年)に壽商店として始まったコトブキシーティングさんは今年で創業103年。1914年といえば、103年といえば、そう!宝塚歌劇団と同級生でございます。ふぅ~!歴史と歴史のコラボレーションに(個人的に)心が躍ります。

創業当初はグラス・ラグの販売、そして現在は「コトブキのイス」としていろいろな場所のイスを作っています。その中でも観劇趣味の人たちに馴染みぶかいのが劇場のイス!
普段は職種的な関係者の方しか入れない多くのイスが並ぶショールームで、トークショーは開催されました。

観劇マナートーク


鋭いツッコミのyukkoさんと、ほんわかした美奈さんの年間観劇数すごいコンビによる観劇マナートーク

「ダメな観劇マナーあるある」から、「会場やジャンルによってのアリナシの違い」など幅広い内容です。こんなことあった!という実体験には、参加者のみなさんからも笑い声やうんうんと頷く光景が広がります。

わたしが印象に残ったのは、「観劇中の会話(おしゃべり)」について、長年観劇を続けるyukkoさんがたどり着いた秘策!『子どもに向けるような満面の笑みで、「しぃ」とひとさし指を口にあてる』

にっこり笑って、しぃ。

『相手の羞恥心に訴えかけます!』(笑)とyukkoさんが言うとおり、そこがポイントなんだろうなぁと思いました。注意されて逆ギレしてしまう人って、「注意された」ことよりも、無意識の部分で「恥をかかされた」と感じてしまうからって人が多いのではないかなぁ。なので『しぃ』は手短に、シンプルに、だけど確実に意図を伝えるスマートな方法だなと感じたのでした。

とはいえ、注意する方もできれば注意などしたくないわけで、どきどきもするわけで、そこで満面の笑みを繰り出せるのがさすがyukkoさんでもあります(笑)

数あるジャンルの中でも独特のルールで103年続いてきたタカラヅカパートにて、実はゲスト登壇してまいりました。おふたりの間にわたしが座っていいものだろうかと、とーっっても緊張していたのですが、参加者のみなさんのあたたかい空気に助けられました~。ありがとうございました!

トークイベント後にはタカラヅカに関しての質問で直接お声かけくださった方々もいらっしゃって嬉しかったです。観劇慣れしているみなさんだからこそ、謎だぜタカラヅカ!と気になる部分もあるのだろうな。

ショールーム見学


トークイベントの後はコトブキシーティングさん魅惑のショールーム見学。会場には劇場イスのデザイナーさんや設計士さんも来てくださり、貴重なお話がきけました!

f:id:yuitsumugi:20170803055650j:plain
f:id:yuitsumugi:20170803055715j:plain
f:id:yuitsumugi:20170803055746j:plain

ショールームなので、同じタイプのイスでサイズ違いなども座り比べできます。足元が一番広いイスは背もたれ部分もへこみがある設計でよりゆったりとした座りごこち。


f:id:yuitsumugi:20170803055835j:plain

六本木にあるEXシアターの2階席は傾斜があるため1階席からの視線を考えて背もたれが高いそうです。後ろの人の膝まで隠れる設計なんですね~。


f:id:yuitsumugi:20170803055935j:plain

バリアフリーのために使用できるイスのオプションもいろいろありました。手すりに座席列番号書いてあると、自分が座席に対して上から来た場合もわかりやすくていいな~。


おみやげ


実際に使用されているイスの生地で作られたペンケースをおみやげとして頂きました。かわいい~!ありがとうございます!
この日のためにご用意して頂いた素敵なおみやげです。せっかくなのでTCA PRESSとパチリ。

f:id:yuitsumugi:20170803060229j:plain


おまけ


f:id:yuitsumugi:20170803060342j:plain

ロビーには映画館のいろいろなイスが並んでいます。VIPシート的な、ラグジュアリーシート的な、とにかくすごい感じのイスはサイドにボタンがついていて、足元までほぼフラットに上がります。これは、寝るね…?と思うのも致し方ないすごい感じのイスたちです。


イベント後に開催された懇親会では、最後にyukkoさんがお店の出口にて握手でお見送り。「お茶会(※タカラジェンヌさんに関するイベント)みたいですね!」と最後に(勝手に)ひと興奮したものの、結構な雨なのに傘を持っておらず、方向逆なのに同時に出た方がコンビニまで連れていってくださいました。お優しい…。最後までみなさんの優しさにいかされております…。ありがとうございました!